嫌いだった癖毛を活かした素敵なスタイリング

NO IMAGE

ある日、ふと髪が伸びてきて、量も多いからスッキリしたいと思いネットでいつも行く美容院を予約。

カットの当日、早速美容院へ向かいました。しばらく美容院へ行っていなかったので、いつも以上にワクワクしながら向かい、美容院に到着。

受け付けのお姉さんに笑顔で迎えられ、必要事項を伝えて受け付は完了。待機中に、スマホで保存しておいた希望のヘアスタイル画像をいつでも見せられるように準備し、数あるヘアカタログに目を通していました。

そうこうしている内に担当の美容師さんがやってきて、軽く挨拶を交わし「この画像みたいな感じにしたいんですけど…」ということを伝えました。すると、細部にまでわたり丁寧に説明をしてくれ、その真剣な姿勢にとても感動しました。

その後シャンプーをし、いよいよ髪をカットする時がきました。カット中、美容師さんから「普段は巻いたりしないんですか?」と聞かれ「もともと癖が強いのでストレートに憧れていつもアイロンで真っ直ぐにしてます。」と答えると、癖を活かしたアレンジを提案してくれました。

シャンプーをした時に、私の癖毛を見抜いていたようで、結構アレンジできるパターンは多いということを教えてくれました。髪を乾かす時に登頂部とサイドの髪は手櫛でストレートにし、毛先だけ癖を残した感じにして「これで毛先にヘアミルクとか付けるだけで充分だよ。」とアドバイスをくれました。

私の中では、どうしてもボサボサにしか感じられなかった癖を活かして、素敵なアレンジをしてくれた美容師さんには本当に感謝です。

今まで自分の癖毛が嫌で、ずっとヘアアイロンで真っ直ぐにしていましたが、その出来事を機に少しずつ癖毛を受け入れられるようになりました。

今では前向きな気持ちで、癖毛を活かしたスタイリングを存分に楽しんでいます。