Doctors and colleagues

内科で出来るコト

the dynamic and young doctors

内科といえばカバーしているのは風邪の治療とインフルエンザにかかったときの対処・痛風のケアくらいと考えている人が多いです。しかし、昨今その範囲は広範囲になってきています。近年食生活の欧米化が進んでいること等により糖尿病にかかる人口が徐々に増えてきていますが、それに対処しているのは内科医です。優秀な内科医ほど長期間高血糖値が続かないように患者にあらゆる角度から助言します。 健康診断も内科医は行うことがありますが、単なる診断だけをするのでなく希望する患者に対してはビタミン注射などをして患者の感染症予防・疲労回復を助けます。 因みに、数年前から睡眠時無呼吸症候群の患者に対するアドバイスも行う内科医は増えています。専門外来に任せてしまうケースもありますが、軽度の症状であれば内科医が対処するようになっています。

体の具合が悪くなったらとりあえず内科に行くという人が昔から多いので人気があると思われます。ストレスの増加や体質の変化により生活習慣病を患う人が増えています。そういった人たちに対して内科医が患者別に適切な処置をしてくれるだけでなく食生活に関するアドバイスをしてくれます。そういった医療サービスが支持されているということが内科医の支持される要因でもあります。 メタボリックシンドロームに陥っている人には特にオーダーメイドの治療方法の模索が必要になるときがあります。患者の状態によっては薬を使わないで治療を施してくれるところもあります。 また、春になれば花粉症にかかる人が国内で急増しますが、その症状で苦しんでいる人を救うのも内科医です。